新型コロナウィルス対策エビデンス取得済み。〜抗菌、防菌、除菌、ウィルス除去、防汚、防臭など除菌効果は半永続的に〜

抗菌コンテンツ

学校や塾での感染症対策に有効なのは殺菌ではなく抗菌

学校や塾での感染症対策は、新型コロナウイルスの流行で欠かすことができないです。

しかし、多くの学校や塾は感染症対策を行なっているものの十分とはいうことができず、実際に新型コロナウイルスの影響で学校や塾などでクラスターが発生しています。

そこで、今回は学校や塾で感染症対策を行う際に、アルコール消毒液での殺菌ではなく抗菌コーティングなどによる抗菌の方が効果的である理由を紹介していきます。

学校や塾で感染症対策が難しい3つの理由

学校や塾では、多くの人が利用するため感染症対策を行うことがとても大切になります。

しかし、学校や塾で万全の感染症対策を行うことは難しいとされています。

そこで、ここでは学校や塾での感染症対策が難しいと言われる理由を3つ紹介。

不特定多数の人が利用する

学校や塾は、不特定多数の方が利用します。

特に、学校の場合は学生や教職員以外にも外部の業者なども出入りすることが多いです。また、大学の場合は1万人以上の学生が同じキャンパスを利用することもあるのが特徴。

実際に、新型コロナウイルスでは警察学校や進学塾での集団感染も確認されていて、専門家も学校や塾では特に集団感染しないように対策を行うことが重要であると指摘しています。

利用制限をかけることができない

学校や塾は、利用制限をかけることが難しい施設でもあります。

特に、学校の場合は義務教育の場合は学校での学習を疎かにしてしまうことで、その後の人生で必要な知識が不足してしまう可能性もあるので、学校の利用制限をかけるのは難しい状況です。

最近では、緊急事態宣言を受けて学校での集団教育ではなくオンライン授業を活用して自宅で、学校と同じ学習をすることができるような体制を整えている学校も多くなっています。

しかし、公立の学校の場合は各家庭のオンライン環境の整備状況や家庭の事情も異なることから完全に学校への登校を制限することができないです。

人件費や人的リソースが足りない

学校や塾では、人件費や人的リソースが足りないことから新型コロナウイルスの感染を完全に食い止めれるような殺菌を行えていない現状もあります。

新型コロナウイルスでは、接触によって感染する可能性が高いとされています。

しかし、学校や塾では人が触った備品などをその度に殺菌・除菌するための人員が不足していることから、1時間に1回など事前に立てたスケジュール通りに殺菌・除菌を行うことで手一杯です。

このような背景もあり、学校や塾で感染症対策を行うのは難しいとされています。

抗菌が重要になる理由

感染症対策では、殺菌・除菌を行うことは非常に重要です。

しかし、人が接触した場所を消毒液でその都度、殺菌をしていくというのは物理的に不可能。

そのため、学校や塾などの不特定多数の人が利用する可能性が高く、また集団感染のもとになりそうな施設では抗菌を行うことが推奨されています。

抗菌では、菌が接触しないように施設や備品に対して抗菌コーティングを行うことが一般的です。

抗菌を行うことで、菌が付着しても他の人に接触感染するリスクを最小限にすることができ、意図しない集団感染を避けることができます。

ナノゾーンソリューションが感染症対策に有効な理由

ここでは、抗菌対策としてナノゾーンソリューションが有効な理由を紹介していきます。

表面をコーティングすることで接触感染を防げる

ナノゾーンソリューションでは、世界最小レベルの2ナノの酸化チタンを用いて、コーティングを行います。

このように、ナノゾーンソリューションを用いて備品や施設をコーティングすることで、接触などで新型コロナウイルスに感染するリスクを最小限にすることができます

また、ナノゾーンソリューションでの抗菌コーティングをした施設や備品は6年以上経過しても、抗菌効果を保ったままの状態にすることが可能です。

光触媒作用で菌を分解できる

ナノゾーンソリューションでは、光触媒作用で菌を分解することが可能です。

光触媒作用とは、日常の光(ブラックライト・日光・蛍光灯・LEDライト・白熱電球・赤外線電球)をナノゾーンソリューションでコーティングした施設や備品が受けることで、光と反応してコーティングされた表面に付着したウイルスや細菌を死滅・分解させることです。

人的被害がない

ナノゾーンソリューションは、抗菌や殺菌・消毒の効果が高いにもかかわらず人的被害が少ないことでも知られています。

ナノゾーンソリューションで用いられている光触媒作用では、発生する物質が二酸化炭素と水のみなので、ほかの化学物質を用いた消毒や抗菌材などよりも人的被害が少ないです。

そのため、学校や塾のみではなく保育園や幼稚園など小さい子供が使う施設は、二酸化炭素と水しか物質が発生しないナノゾーンソリューションを導入することも多いです。

まとめ

学校や塾などの施設は、教育機関という側面があるので、簡単に閉鎖や利用制限をかけることが難しいです。また、利用者が多いので集団感染のリスクも高く、新型コロナウイルスでも学校や塾などで集団感染が発生しています。

一方で、学校や塾では集団感染が完全になくなるように殺菌や除菌を行うことはコストやリソースの面で厳しいです。

しかし、ナノゾーンソリューションなら、光触媒作用を用いて人的被害を少なくしながら、集団感染のリスクを最小限に抑えることができる抗菌コーティングを行うことができます。

関連コンテンツ