新型コロナウィルス対策エビデンス取得済み。〜抗菌、防菌、除菌、ウィルス除去、防汚、防臭など除菌効果は半永続的に〜

抗菌コンテンツ

幼児のアルコール使用に不安を持っている人必見!人体に無害な感染症対策

新型コロナウイルスに感染しないようにアルコール消毒を行うことが一般的になりました。

しかし、小さいお子さんを持つ家庭ではアルコールを用いた殺菌や消毒に対して不安感を持っている人も多いのではないでしょうか?

実際に、アルコール消毒液の誤飲によって急性アルコール中毒になってしまった幼児やアルコールアレルギーの影響で、アルコール消毒を行なった部分だけ炎症を起こしてしまう幼児の事例も報告されています。

そこで、今回は幼児のアルコール利用の不安を持っている親御さんに対して、アルコール消毒以外の新型コロナウイルスの感染対策を紹介していきます。

幼児のアルコール使用で親が感じる不安

新型コロナウイルスの影響で、アルコール消毒が一般的になったことで、幼児のアルコール消毒、アルコールの利用に対して不安感を持つ親御さんが多くなってきました。

特に、赤ちゃんの場合は肌が弱いこともありアルコールの使用に対して不安を持つ親御さんが多いです。

そこで、ここでは幼児のアルコール使用で親が感じている不安を紹介していきます。

アルコールの誤飲

アルコール消毒液の誤飲は、幼児を持つ親御さんならもっとも不安ではないでしょうか?

実際に、過去には自宅に置いてあったアルコール消毒液を誤飲してしまい病院に運ばれてしまうという事例もありました。

また、アルコールを誤飲してしまうことで、急性アルコール中毒になってしまう幼児もいます。

急性アルコール中毒になってしまうことで、運動失調、視力障害、判断力喪失、悪心・嘔吐、振戦、嗜眠、低体温などの症状が現れ、幼児の場合はアルコール中毒で低血糖を発症する可能性も高いです。

このような背景もあり、幼児のアルコールの誤飲に対して不安を持っている親御さんも多いのが現状。

アルコールによる炎症

アルコール消毒液によるアレルギー反応、付着箇所の炎症なども親御さんが不安に思っている部分です。

幼児の場合は、肌が大人に比べて弱いこともありアルコール消毒液の利用で、アルコール消毒液の付着箇所が炎症を起こしてしまうこともあります。

アルコールが目に入る危険性

アルコール消毒液が目に入ってしまうことに対して不安に思っている親御さんも多いです。

アルコール消毒液は、少しなら目に入っても問題はないですが、すぐに目を洗い流すなどの処置が必要になります。

一方で、幼児の場合は親御さんが目を話した際にアルコール消毒液を触ってしまい目にアルコール消毒液が入ってしまうことや、アルコール消毒をした手でそのまま目を擦ってしまうことも多いです。

この際に、すぐに処置をしないとアルコール消毒液の影響で視力が弱くなってしまう可能性もあります。

そのため、幼児に対してのアルコール消毒液の利用を不安に思っている親御さんも多いです。

ナノゾーンソリューションとは?

殺菌や消毒のために、アルコール消毒液を使うのは小さい子供がいる家庭では不安に思うところが多いと思います。

そこで、ここでは体への影響が少ないことで知られているナノゾーンソリューションについて紹介。

人的被害がない

ナノゾーンソリューションは、体への影響が少ないです。

ナノゾーンソリューションでは、光触媒作用という作用を用いて抗菌・殺菌を行います。

光触媒作用とは、日常の光(ブラックライト・日光・蛍光灯・LEDライト・白熱電球・赤外線電球)とナノゾーンソリューションでコーティングした物体との間で反応を行うことで、表面に付着していた細菌やウイルスを殺菌、分解することです。

この作用を用いることで、アルコール消毒液のような化学物質を用いることなく、殺菌・抗菌を行うことが可能になるため、小さいお子様がいる家庭などでも利用されています。

表面をコーティングすることで接触感染を防げる

ナノゾーンソリューションで、表面をコーティングを行うことで接触感染を防げます。

新型コロナウイルスなどの感染症は、飛沫感染のみではなく接触感染する可能性も指摘されています。

接触感染をしてしまう大きな原因は、感染症に感染している人が触った場所に他の人が触れて、その触れた手で自分の口や鼻、目などの粘膜がある部分を触ってしまうことです。

しかし、ナノゾーンソリューションでコーティングした部分に関しては、感染症に感染している人がたとえナノゾーンソリューションでコーティングされた部分を触っても、触った時点で殺菌が開始されます

そのため、ナノゾーンソリューションでコーティングされた部分を他の人が触っても接触感染するリスクは小さいです。

効果の持続期間が長い

ナノゾーンソリューションでコーティングした部分は、外壁であっても6年以上効果が持続します。

そのため、1回ナノゾーンソリューションでコーティングを行うと、抗菌・殺菌作用を長時間に渡って維持することが可能です。

このため、経済的な負担も小さいのがナノゾーンソリューションの大きな特徴の1つ。

まとめ

幼児がいるご家庭では、アルコール消毒を用いて殺菌を行うことに対して不安感を持っている人も多いです。

この背景には、アルコール消毒液を幼児が利用したことによって、副作用が確認されていることも関係しています。

しかし、ナノゾーンソリューションは光触媒作用を用いて、抗菌・殺菌を行うため幼児がいるご家庭でもお子さんに影響を与えることなく使うことができます。

関連コンテンツ